これは砂糖大根ルナの可食部なのかどうか



こんにちは。PAPA KUNIです。

地上部の全滅事件から何とか復活を遂げていた砂糖大根ルナであるが、株の根元のあたりが気持ち膨らんできている株がある。



葉をすべて齧られていたが、その後、小さな葉を出してきていたので株の配置の整理を兼ねて少し程よい株間に植え直していた。

地上部の葉も少し復活してきたところで、葉の根元の部分が膨らんでいる株が見られるようになった。

ただ、その外観からすると、これが砂糖大根ルナの可食部なのかどうかは判断しづらい。


可食部と思しきところが膨らんできている砂糖大根ルナ


宣材の写真から見ると、もう少し瑞々しく張り詰めた蕪のような外観に見えたが、今回膨らんできている部分は厚い皮をかぶっているように見える。

膨らんできているのでその中には何か入っているとは思うが、今のままの外観だと切ってみないことにはなかなか中身の様子を知ることはできそうにない。

というような感じで程々のスピードの妄想を楽しみながら観察を続けているところ。