小さく纏まる日本のミント薄荷



こんにちは。PAPA KUNIです。

この夏の猛攻で地上部が一旦枯れたようになっていた日本のミント薄荷であったが、こじんまりと復活しているのが見えた。



今までも薄荷は事あるごとに不死鳥のごとく復活してきていた。

今回も夏の猛暑の猛攻に対し地上部は劣勢だったが、地下部の根が充実していたからか再び復活してきた様子である。

ただ、株の背丈が小さくなり少しこじんまりとしているように見える。


こじんまりと纏まる日本のミント薄荷


ハーブ類は生命力が旺盛で繁殖力も強いので基本的な方針は放置である。

以前公園から毟ってきた西洋ミントをそのままその辺りの片隅に挿しておいたところ、しばらくして一帯がミントだらけになり大変だったという経験から地植えにすると野放図に広がっていってしまうということは身をもって分かっているので、小さい鉢で管理するようにしている。

今生えている薄荷はたまに葉をつまんで香りを楽しむくらいだが、薄荷自体は薄荷クリスタルを活用するなどいろいろと役に立っている。

多面的な楽しみを提供してくれる有能な植物であると思う。