八丈オクラの置き土産



こんにちは。PAPA KUNIです。

度重なる雨風により葉が大分落ちてしまっていた八丈オクラであったが最期に近いこの時期に何とか育ってきてくれていた実を収穫しておいた。



八丈オクラの株の背丈は150-160cmほどとなっているが、最上部以外は葉が落ちてしまっているために、株は先端に何かついている長い棒を小さい蜂に突き刺しているような風体となっている。

先端部分には申し訳程度に葉と花芽らしきものが残っている。どういう訳か時折大きく育ったように思われたオクラの実は毎回しばらく見ないうちにどこかに行ってしまっていたが、その中で多少大きくなったものが残っていたので収穫しておいた。


何とか残っていてくれた八丈オクラの実


葉はほとんど落ちてしまったが、茎は未だに元気な雰囲気を残しており、株の先端部にはまだ申し訳程度の葉や花芽がついているのが見える。

ただ、夏の最中のような巨大な葉ではないので今後は気候の変化と共に急激に弱るだろうと予測している。

置き土産はいただいたので、株を処分する時期までこのまま暫く様子を見ていこうと思っているところ。