砂糖大根ルナの復活の兆し



こんにちは。PAPA KUNIです。

ちょっと目を離した隙に一気に葉を食い散らかされてしまった砂糖大根ルナについては、余りの惨状に種の根絶となる可能性を強く意識した時期があったが、ここへきて何とか小さい葉を出してきているのが見えた。



すべての葉を食い荒らされてしまい、一時はもう生存の力は残っていないかに見えた。

葉を齧りつくされた後には地上部はドス黒くなり、もうあきらめムード全開となっていた。

しかし、しばらく放置していたところ、そんな残骸のような風体にも拘らず小さい葉を出し始めている株があった。


砂糖大根ルナ復活の兆し


すべての株ではないが着実に小さい葉を出してきているのが見えたので、一旦緑色部分以外の地上部の葉をすべて整理し、乱雑に荒れ果てていた株を少し土寄せするなどして仮の対処をしておいた。

このまま再び根付き、葉を伸ばしてきてくれればいいと思うが、季節も進んでいるのでどこまでできるかは今のところ予測がつかない。

種の根絶を意識するほどの惨状であったにもかかわらず小さくても葉を出してきてくれている株が複数あるのを見て、一安心すると共に単なる発芽よりも何だか嬉しい気持ちが大きいような気がした。