放置されていた真黒茄子の小さい苗



こんにちは。PAPA KUNIです。

鉢の配置を整理していたら放置された鉢の合間にポリポットに入ったままの真黒茄子の苗が小さいまま生きながらえているのを見つけた。



植え替えや鉢の配置の整理など何かの拍子に苗がどこかに紛れ込んでしまうことがあるようである。

冬の観察シーズンに入ってきているというのに未だに前の夏のシーズンの初めに作った苗がそのままの姿で生き残っていたことに少しノスタルジー的なものを感じてしまう。


ポリポットのまま残された真黒茄子の小さい苗


この真黒茄子は発芽の時に雪に見舞われたことから始まり紆余曲折あって何とか生き残っている感慨深いグループの株である。

他の同時期に発芽して大きめのプランターに植え替えた株が初期に患った葉が黄色くなる症状は若干見受けられるものの、生存にはあまり影響がなかった様子がある。そのうち関連や原因が突然ひらめくかもしれないが今のところそんなことがあったかというくらいの感覚である。

植え替えても草々に寒さに当たることになると思うので特にこれからこの苗をどうしようということも考えつかないでいる。

今のところはなんとかこのまま生きながらえている様子なので、このままそっと放置して横目で観察を続けてみようと思っているところ。