地中で渦巻く八丈オクラの根



こんにちは。PAPA KUNIです。

小さい鉢で一株だけ孤軍奮闘している八丈オクラの鉢を覗いてみると太い根が一部だけ顔を出しているのが見えた。



小さい鉢で育てている割には背丈が150cm程度と高くなり、茎も太く花や実もつけてきている。

伸び放題になっていた雑草を除きがてら鉢の中の土の表面を見てみると、本体の茎に負けないくらいの太さの根が一部顔を出しているのが見えた。

小さい鉢ながらこれだけ大きな地上部を育て上げた根の力の片鱗を見たような気がした。


地中で渦巻く八丈オクラの根


地表に見えている部分の根の太さは本体の幹に負けないくらいの太さで、その途中の一部分だけが少しだけ地表に現れている。

育てているのが小さい鉢の中なので、太く頑丈な根はその中で渦巻いているような印象を受ける。

たまたま一株だけ生き残った八丈オクラであったが、まだまだ育てたくさせる何かを持っているようだとつくづく感心しながら観察を続けているところ。