パパイヤベニテングの太い茎



こんにちは。PAPA KUNIです。

大きくなったパパイヤベニテングは根が鉢を突き破ってはいるものの本体は小さい鉢から太い茎が生えているといった風体である。



小さい鉢で育てているにもかかわらず地上部が大きく成長したパパイヤベニテングの株の根元の部分は、小さい鉢と比較すると大分太くなっているのが分かる。

茎というか木の様になってきているので幹といったほうが良いかもしれない。


小さい鉢に生えるパパイヤベニテングの太い茎


鉢を変えたり、冬越しをすることになると必然的に根を切ることになるので、その場合には急激に弱ってしまうと推測している。

鉢や遅めの根の発達開始時期など何の影響か分からないが、まだ、株の大きさは抑えられている様子がある。

一方、風体は立派なパパイヤらしい風体となってくれているので後は実が生れば一つの終着点を迎えることができるかもしれない。

と、余計な妄想を膨らませつつ、株の終焉までこの南国情緒あふれる株の良い雰囲気を楽しんでいようと気楽に観察に臨んでいるところ。