齧られた大浦太牛蒡の葉



こんにちは。PAPA KUNIです。

大浦太牛蒡は完全放置状態であるが、しばらく見ないうちに株の数が減り、残っている株も葉が齧られているのが見えた。



大浦太牛蒡は特徴的な葉を出してきてはいるものの地下部が全く見えないので状況を把握するのが難しい。

地上部も徐々に葉が大きくなってきているような気もするがあまり変わり映えしない。

そして、ここへきてついに葉が齧られているのがわかり、且つ、株の数も減っている様に見えた。


葉を齧られた大浦太牛蒡


大浦太牛蒡については、まずは植えてみようというようなくらいの感触で、状況を見守っているところである。

一応株は生き残っている様子である。なんとか地上部が生き残っていけば地下の可食部も何とか育ってくれるかもしれないという淡い期待を持つことができる。

ただ、大きめのプランターに植えているとはいえ、深さが足りないような気もするので成果は期待できないくらいの状況だとは思う。

何とかそれっぽいところまで辿り着くことができれば、次の参考になるというくらいの気持ちで見ている。

ただ、その何とかそれっぽいところまでなかなか辿り着かないこともある。

とふらふらと思いを巡らしながら、結局は放置で観察を続けているところ。