弾ける寸前の大きいゴーヤ



こんにちは。PAPA KUNIです。

豊作のゴーヤは熟してくる実の雰囲気もよかったが、放置してしまった実は黄色く色づき弾けてしまっている。



大量に実っているゴーヤは実の感触も良く、十分料理に使えるような風体のものも多かった。

しかし数が多すぎたため次第に収穫をすることもなくなり、いつの間にか実り、木上で黄色く熟してはじけ飛んでしまっている。

そんな熟した時の黄色も、弾けた後に見える鮮烈な赤い種も見ごたえがある。


弾ける寸前の黄色く色づいたゴーヤの実


いつしか、ゴーヤはフルーツなのではないかと思うようになった。

自分で育てていなければゴーヤチャンプルーに入れるような緑のゴーヤだけが食べごろだと思っていたかもしれない。

黄色く熟し始めてからは足が速く、あっという間に黄色くなり弾けてしまう。お店に出している時間的余裕はなさそうである。

ただ、その熟している時期の実は柔らかく苦くない。種子の周りの赤い部分は甘くておいしい。まるでフルーツである。

というようなことも考えつつ、弾け行くゴーヤをもうしばらく眺めていたいと思う。