散歩者を楽しませる乱雑畑のオクラの葉



こんにちは。PAPA KUNIです。

乱雑畑のオクラは背丈が150cmほどになり、その先端に大きな葉をつけている。乱雑畑の企画の趣旨にそぐった風体となり孤独な散歩者の目を楽しませていることだろうと思う。



道行く孤独な散歩者の目を楽しませるための企画である乱雑畑であるが、結局繁盛したのはオクラと遅れて植えた万願寺唐辛子だけであった。

もしかすると雑草処理の際に他の野菜の苗も一緒に処理してしまったかもしれないが今となっては真実は分からない。

いずれにせよ、繁盛したオクラが道行く人を楽しませられるくらいになっていると感じ少し満足感がある。


孤独な散歩者の夢想に付き合う乱雑畑のオクラ


故意に道から見えやすいところに大きめのプランターを設置して、道行く人の目を楽しませることができるようにしたいと思っていた。

大きくなったオクラは迫力も満点で、散歩者も興味を持って成長を見守ってくれていたと勝手に思っている。

大きなオクラや大きな万願寺唐辛子の実を目にすることができるようになれば更に楽しみは増えることと思う。

まあ、道行く人々はそんなことは考えていないかもしれないがそれはそれでいい。ただの自己満足である。