まだまだ芽吹くパパイヤベニテング



こんにちは。PAPA KUNIです。

パパイヤベニテングは一本だけ非常にパパイヤらしい風体になった。背丈は程々だが非常に大きな葉をつけている。夏の暑い時期を過ぎても尚新しい葉を出してきているのが見えた。



パパイヤベニテングは2本生き残っているが、一本は小さい鉢に見合った程々の大きさのままである。

一本は、南国情緒漂うほどの迫力ある葉を出しながらグングンと成長を続けている。


新しい小さい葉を出すパパイヤベニテング


少し放置しすぎてしまい雑草が繁盛していたので少し整理しようと鉢を持ち上げようとしたところ、全くびくともしない。

少し揺らしてみると少しだけ揺れる。

どうも根が鉢を突き破り、半ば地植えのような状態になってしまっている様子である。

株が大きいのでこの冬の行き先を悩んでいたが、これではいずれにせよ冬に屋内に持ち込むことはできない。無理に根を切れば地上部は萎えてしまうと思う。

夏の前半には鉢を動かすことができていたので、もっと早い段階で地植えにすれば夏の間だけでもっと株を大きくすることができると感じる。

そうなればもしかすると上手くいけば結実まで見ることができるかもしれないと、この偶発的な出来事をもって余計な妄想を膨らませることになった。

しかし現実は厳しく、思うようにいかないのが世の常であり、そんな楽しい想像も無造作に膨らみ儚く弾ける切ない妄想である。