葉を食い尽くされていたツクネイモの新しい葉



こんにちは。PAPA KUNIです。

行灯仕立てで楽しんでいたツクネイモは、一時すべての葉を何者かに食いつくされていたが、近頃再び小さい葉を出し始めているのが見えた。



葉を食い尽くされた当初は行灯仕立てに蔓だけという何とも情けない姿であった。

一時は再起を諦めていた部分もあったが、よく見ると新たに小さい葉を出し始めており、山芋一族の生命力の強さを見せつけられたような気がする。


小さい葉を出す葉を食い尽くされていたツクネイモ


行灯仕立てで楽しんでいたので葉がすべて齧られるという事態もある部分では楽しめていたが、すべての葉がなくなった姿には悲壮感すら漂っていた。

ここへきて小さいながらも葉を出してきてくれたので、悲壮感に溢れた気持ちからもう少し楽しんでいこうという気持ちが沸き上がり、心の余裕ができてきたような気がする。

行灯仕立てのツクネイモは小さい鉢で育てており可食部を期待することはできないと思うので、地上部の変化を何かしらでも楽しめればそれはそれでいいと思っているところ。