乱雑畑のオクラ



こんにちは。PAPA KUNIです。

一時は変わった形の実以外の実はすべてなくなってしまっていた乱雑畑のオクラであったが、再び花芽が始動しているのが見えた。



乱雑畑のオクラは基本的には放置であるが、一時はほどほどに実をつけてきていた。

その後、腰高くらいまで株の背丈が伸びたようで、再び花芽が始動してきているのが見えた。

花が咲いてくれれば再び実をつけてくれるだろうという期待感が膨らむ。


花芽が再始動した乱雑畑のオクラ


乱雑畑のオクラは八丈オクラだと思われる。一つだけ残った変な形の実も特徴的には八丈オクラのもののような感触だった。

株の数も少ないのでそれぞれ実をつけてきたとしても収穫という面ではさほどの期待感はない。

ただ、株が大きく育ち、かわいらしい花を付け、大きい実がなるというような視覚的な楽しみはあると思う。

妄想としては、もう少したくさん植え、大きな実がたくさん生っている景色の壮観を味わいたいとも思うが、現実はなかなか思うようにはいかないのが世の常である。