砂糖大根ルナの黄色い株の根元



こんにちは。PAPA KUNIです。

砂糖大根ルナの株の根元部分は依然として黄色かった。



砂糖大根ルナは株の根元部分に黄色からオレンジ色の可食部ができるということである。

小さい苗のうちから根元部分は黄色がかった色をしていた。

葉を搔き分けて根元部分を覗いてみると、少し株が育ってきた今も根元部分は黄色かった。


育ってきた砂糖大根ルナの根元部分


まだ可食部は膨らんできていない様子だが、株自体は大分充実してきたような気がする。

一時は大量に株を失ってしまったので間引きをしないまま経過したところ、それが功を奏したのかどうかわからないが、丁度いい具合にそれぞれの株が育ってきている様に感じられる。

全体的に見ると少し斑な感じになっているような気もするが、放置栽培で育ってくれているうちはそれでもいいと思う。

余りの暑さに雑草の処理もままならないままだったが、それでも何とか育ってきてくれているのは嬉しく、そして、心強い。