ゴーヤの初収穫と試食



こんにちは。PAPA KUNIです。

草勢の良いニガウリであるが、既に黄色くなり始めていた実があったので早速収穫し試食してみることにした。



種が良かったからか成長の勢いが非常に良い今年のニガウリであるが、気づくと既に黄色く色づき始めている実があった。

あまり放っておくと全体が黄色くなって弾けてしまうので料理に使うならば青いうちがよいと思う。

全体が黄色くなった頃には中身の種の周りの部分はビビットな赤い色となり、甘く美味しくなる。本当はゴーヤはフルーツなのかもしれないと思わせる瞬間である。

パパイヤも青いうちは料理に使い、色づくとフルーツとして食べる。そんな感じを思い出させる。


初収穫のゴーヤ


収穫したゴーヤは、早速、ゴーヤチャンプルーとなり腹に収まってしまった。

何とかうまく作れて、ほんのりとした苦味が何とも癖になりそうな味だった。

棚に蔓を伸ばしている株の全体を見渡すと多くの花芽を確認することができ、大量のゴーヤが成熟の順番を待っている。

既にある程度の大きさになっている実もあるので、すべてを食べつくすことはできないだろうと嬉しい妄想を脳内で繰り広げている。

一部は出先のお土産として役立ってくれる予定。