豊作の予感がするニガウリ



こんにちは。PAPA KUNIです。

既に仮の支柱を埋め尽くしているニガウリだが、棚でグリーンカーテンの形になる前に、既に今年の豊作を思わせる実が次々と膨らんできている。



やっと簡易の棚を組立てたところ、勢いよく蔓を伸ばしているニガウリであるが、もっさりと埋め尽くしている仮の支柱の部分では既に結実が進んでいる。

小さい実は既にたくさんついており、ところどころの実は大きく膨らみ始めている。

初期に花を咲かせた雌花の子房は立派なゴーヤとなりつつある。


立派なゴーヤに育ちつつある初期の実


まだ簡易の棚には細い蔓が数本伸び始めたところで、天井部分はイメージしているグリーンカーテンの形には全くなっていない。

蔓が伸びる勢いから察するに簡易の棚がグリーンカーテンのようになっていくのは時間の問題かと楽観的には思う。

既に仮の支柱の部分はもっさりと覆いつくされ多くの実がぶら下がっているのが見えるので、このまま成長を続けてくれれば棚の天井部でも夢の鈴なりのゴーヤを見ることができるかもしれないと、ニガウリの成長に負けないすごい勢いで妄想が膨らんでいる。

もう程なくすると大きくなってきたニガウリは食べられるようになると思うので、今からゴーヤチャンプルーを夢見てしまう。

ゴーヤをそのまま放置すると赤い身になるが、それはそれで甘いフルーツの様に食べられる。

ニガウリは何度も楽しめる有能な野菜である。