乱雑畑デビューを果たした万願寺唐辛子



こんにちは。PAPA KUNIです。

発芽用のポリポットに放置され大分出遅れていた万願寺唐辛子を遂に乱雑畑にてデビューさせることにした。



種を播くのが遅れ、更に、発芽用のポリポットで放置されていた万願寺唐辛子は未だに株が小さいままであった。

そこで、何故かオクラばかり繁盛し、オクラが生えているスペースも偏っている乱雑畑に目を付けた。


乱雑畑でデビューした万願寺唐辛子の苗


乱雑畑は道行く散歩者の散歩の楽しみの足しになればという独善的な企画である。この万願寺唐辛子が上手くいって実をつけてくれればそれはそれは楽しい驚きを提供できるのではないかというような妄想をパンパンに膨らませてしまう。

乱雑畑には野菜の種子の播種の際に余ったものをパラパラと適当にばらまいておいたが、生き残っているのは何故か巨大な葉を蓄えるオクラだけだった。

種子を適当に播いていたこともあり、オクラすらも生えているスペースが偏っており、プランターの一部が閑散としているのを横目で見ていた。

万願寺唐辛子の幼苗がそろそろ危なそうな雰囲気を醸し出してきていたので、思い切ってその乱雑畑の余ったスペースに移植したのであった。

今のところは無事に根付いてくれている様に見える。

元々苗の数は少ないが、残りの株は、何故か急激に枯れかかってしまったトマトが植えてあるプランターの空いているスペースにこっそりと移植しておいた。

2か所ともどうなることやらだが、まずは、万願寺唐辛子を発芽用のポリポットから救えたことで小さい満足を得ているところ。