パパイヤベニテングのそれらしい幹



こんにちは。PAPA KUNIです。

いつの間にか素晴らしくパパイヤらしい葉を出していたパパイヤベニテングであったが、その幹の根元の部分も大分パパイヤらしくなってきていた。



この株は2年生になった。元々は冬越しを期待していなかったが、屋内に持ち込むことで何とか命からがら越冬してくれた。

葉の部分は既に非常にパパイヤらしい美しい形状の葉が出始めている。

根の部分に目をやってみると幹の根元の部分もパパイヤらしい雰囲気を纏い始めていた。


それっぽい雰囲気になってきたパパイヤベニテングの幹の根元部分


鉢も小さく株も小さいので実を期待するというところまでは考えていないが、成長を追うごとにパパイヤらしさが増していくのを見ているのは非常に楽しい。

もともと冬越しを期待しておらず、発芽の実験だけで観察を修めようと思っていたが、予想外の冬越しの成功でこのパパイヤの素晴らしい姿を見ることができた。

パパイヤは以前に苗から育てた石垣珊瑚、昨年種子から育てるチャレンジで発芽に成功していたパパイヤサンライズの2種は種が断絶してしまった。

今となれば、石垣珊瑚でも何とか2年生にすることができるかもしれないという誇大妄想が頭をよぎる。

もともと注目していた品種は石垣珊瑚であったので、次に石垣珊瑚を手に入れる機会があったならば何とか2年生までは挑戦してみたいという闘志が沸々と湧いている。

という妄想を抱きつつ観察を粛々と続けたいと思う。