出番の前に葉の様子が怪しい万願寺唐辛子



こんにちは。PAPA KUNIです。

大きく育つ他の野菜を横目にこじんまりと出番を待っていた万願寺唐辛子であったが、出番の前に葉が傷みつつあるのを発見した。



万願寺唐辛子は種子を播いたのが遅かったので発芽が遅かったということもあり、移植のタイミングを逃していた。

発芽した苗のいくつかは既に里子に出している。

残った苗はもう少し育ってから移植しようと思っていたが、その前に葉が傷んでいるのを発見した。


葉が傷む万願寺唐辛子の幼苗


こうなると枯れる前に移植してその後の回復に期待するということが頭をよぎる。

実が生れば楽しい万願寺唐辛子なので何とかそこまで辿り着きたいという気持ちもある。

エイヤーッと頑張って作業を片付けてしまいたいと思うがいつも水を撒くだけで終わってしまう。

どれほど目の前にあってもなかなかできないこともある。