徐々に育ちつつある大浦太牛蒡



こんにちは。PAPA KUNIです。

大浦太牛蒡が粛々と葉を大きくし始めていた。



ゴボウの成長の様子はまだ未経験でよく分からないところもある。

大量に株を失ってしまった反面、残ってくれた株はゆっくりとではあるが力強く成長を始めていると感じられる。

葉を大きくしはじめた大浦太牛蒡


当初、大きめのプランターにパラパラと適当に播種した大浦太牛蒡であったが、比較的いい勢いで発芽してきてくれた。

大きめのプランターとは言うが、深さが程々しかないのでゴボウが育つスペースが地中にあるのかどうかは今のところ不明である。

この大浦太牛蒡は太く大きな根の部分が可食部となる様子であるが、深さがないとどうなるのかというのは見てみないと分からない。ずんぐりむっくりになるのか、くの字に曲がってしまうのか、小さいほっそりとしたのものになってしまうのか。

それ以前にそこまで辿り着けるのかという技術の低さであるが、楽しみにしているという部分で言えば、行く先が分からなくともそれはそれでいいのではないかとも思う。