壊滅状態の砂糖大根ルナ



こんにちは。PAPA KUNIです。

砂糖大根ルナの苗は思っていたよりも大分弱く、雨風により大打撃を受けてしまったが、生き残ってくれた数少ない株が本葉を伸ばし始めているのが見えた。



当初、大量に芽生えてきた砂糖大根ルナであったが、その後、株が容易に倒れてしまうことが分かり、少し指で土に押し込み盛り土をしておいた。

仮の処理とは言え少し改善するかと思っていたが、雨風に耐えきれなかった様子であっという間に株の数が減ってしまった。

播種は、種子をパラパラと播いて少しだけ土を載せただけだったということもあるので、もしかすると、初めからもう少し深めに種子を植えなくてはならなかったのかもしれない。


何とか本葉を伸ばす砂糖大根ルナ


生き残った数少ない株は少しづつ本葉を伸ばしつつある。

種子はすべて播ききってしまい手元には残っていないので、生き残っている数少ない株から何とか成長してくれるのを祈るしかない。

余裕がないときに限ってこういう感じになる時があるのは何とかの法則のような感じかもしれない。

何とも打つ手が分からないながら、少なくとも種の根絶は避けたいと思っているところ。