徐々に育つ大浦太牛蒡の本葉



こんにちは。PAPA KUNIです。

暗中模索の末、放置状態となっている大浦太牛蒡の本葉が少しづつ育ち始めている。



ゴボウの育て方はよく分からないながらも、大きなプランターに播いた種が大量に発芽してきたかと思えば、今度は雨風で株が大量に失われるという事態となった。

この大浦太牛蒡は初めから場当たり的で比較的適当な取り扱いであったことは否めないが、生き残った株の本葉が少しづつそれらしい葉に成長してきているのが分かる。


それらしい本葉が育ち始めた大浦太牛蒡


雨風で多くの株が失われたことは残念だったが、残った数少ない株が生き残っていてくれたことには逆に嬉しい気持ちだ。

発芽してきた頃は株が大分密集して生えていたのでいづれは間引きなどの対応をしないといけないと思っていたが、株が少なくなりすぎると少し寂しい気持ちもある。

色々とひっくるめてどんな手を打っていこうというイメージがなかなか湧いてこないので、しばらくはこのまま様子を見ていこうと思っている。