ニガウリの初雌花の蕾



こんにちは。PAPA KUNIです。

支柱に絡まったニガウリが高めの位置に雌花の蕾をつけているのを見つけた。



雄花が順次咲き始めていたのに続き、早速、雌花も花を咲かせようとしている。

棚は構想ばかりでまだ手も付けていない。

出来れば棚からぶら下がるゴーヤを見たいと妄想だけは膨らませておく。


シーズン初のニガウリの雌花の蕾


ニガウリの雌花は子房の部分に小さなゴーヤのような物を既に持っている。キュウリやズッキーニなどほかの似たような野菜の雌花と同じような感じだ。

子房の部分をよく見てみると小さいながらも既にゴーヤの実らしい粒々がついていてかわいらしい。

まだ、棚の準備が整っていないので成長を少し待ってほしい気持ちもあるが、半面では、やはり早く実を見たい気持ちもある。

人間とはなんとも都合のいい事ばかりを考えたがる面を持ち合わせた生き物なのかもしれない。