八丈オクラの花芽の予感



こんにちは。PAPA KUNIです。

双葉を食べつくされ、命からがら生き残った株に花芽のような物がついているのが見えた。



恐らく実が美味しいからだろうと思うが、双葉まで美味しい様子で大規模な食害に遭い、今回発芽してきたもので里子に出さなかったものはこの一鉢を残してほぼすべて全滅してしまった。

後は乱雑畑に適当に残った種子をばらまいた中から育ってくれればいいという淡い期待のみとなってしまった。

ただ、生き残ったこの株はほどほどに勢いが良く、元気の良い葉を出してきていた。

今回よく見てみると、その大きな葉の陰に既に花芽の予感を感じさせる何かが着き始めているのが分かった。


いつの間にか花芽のような物がついていた八丈オクラ


オクラは今回のような悲惨な食害に遭わなければ比較的育てやすい野菜で、実もどんどんつける。

芙蓉のような可愛らしい花をつけるのも楽しい気分である。

広いスペースにたくさん植えて、どんどん育って、大きくておいしい実をたくさんつける。

そんな妄想に苛まれつつ、小さい鉢でコツコツと育てているところ。







コメントを残す