遅ればせながら勢いを増すツクネイモ



こんにちは。PAPA KUNIです。

ツクネイモは一旦は種イモがダメになってしまったかと思っていたくらいの惨状だったが、ここへきて勢いよく育ってきているのが分かるようになった。



既に収穫を終えているじゃがいもキタアカリの種イモと共に購入したツクネイモの種イモであったが、ジャガイモが旺盛に繁殖して枯れていったのを横目に遅々として成長を見せてくれていなかった。

しかし、ここへ来てダメになってしまったと思って放置していた種イモからでさえ、次々と芽が生えてきている。

今回は大分蔓が伸びてきた株から次々と葉を開き始めているのを発見した。


勢いよく葉を開き始めたツクネイモ


ツクネイモのある一帯は既にツクネイモの蔓と葉だらけの茂みの様になってしまっていたが、里子に出す株などもあるので一旦整理することにした。

特に剪定をするわけではないが、絡まりつくした蔓をほどき、それぞれの適当な位置に支柱を立てて巻きなおすというようなことをしておいた。

ツクネイモは山芋の一種なので、地上部はまさに山芋といった感じである。

どのくらいで収穫時期となるのかはよく分からないが、まずは、樹勢を少しづつ整理しながら様子を見ていきたいと思っている。







コメントを残す