砂糖大根ルナの本葉



こんにちは。PAPA KUNIです。

今年思い付きで初めて育てている砂糖大根ルナの本葉が顔を出してきているのを発見した。



少しヒョロヒョロの形状となりながら本葉が顔を出してきている。皆さんの成長が揃っているのが何ともかわいらしい。

よく見てみると茎の部分が黄色みを強く帯びており、できてくるだろう大根の色が黄色いかもしれないということを感じさせる。

今のところ立ち姿が少し情けなく、水をかけると新芽が倒れたりするので、根元の部分を少し指で押し固め、土を軽く持っておいた。


本葉を出してきた砂糖大根ルナ


ほとんどの株を大きいプランターで育てているが、種子を使い切ろうと大量に播いたので、所狭しと背伸びをしているようにも見える。

もう少し様子を見てから元気そうなものを残して間引きしてみようと思っている。

上手く育てばピンポン玉大から野球ボール大くらいの大きさになるということなので株間は程々に離しておいた方が良いかもしれないとも思う。

基本的には放置になると思うので、大きい成果物は期待していないが、何とか収穫できるくらいにはなってもらいたいと淡い期待を寄せているところ。







コメントを残す