じゃがいもキタアカリの収穫



こんにちは。PAPA KUNIです。

じゃがいもキタアカリの新じゃがを収穫して半日ほど陰干ししておくことにした。



じゃがいもキタアカリの地上部は、すごい勢いで成長し、そして、枯れていった。

地上部が枯れたじゃがいもキタアカリの根元のあたりにはいくつかの新じゃがが地上に頭を出しているのが見えた。

正しい収穫のタイミングはよく分からないが、少なくともいくつかはジャガイモができていることが分かるので収穫に踏み切ることにした。


収穫直後のキタアカリの新じゃが


土を掘り返してみると大小さまざまな芋ができているのが分かった。

大きいものでも子供のこぶしくらい、小さいものは大豆くらいの大きさだった。栽培時に芋の大きさまで気を使うことができなかったということも影響しているのかどうか分からないが、どちらかというと小さいものが中心だった。

ジャガイモとしては全体的にそれほど大きなものではないが、それっぽいジャガイモの収穫まで漕ぎつけることができたので嬉しい気持ちである。

試食については肥料がついていたということもあり少し躊躇する心があるが、思うところがあり、思い切って試してみようかどうかと思い悩んでいるところ。

取り敢えず収穫は完了したので、半日くらい陰干ししてから取り込もうと思っている。







コメントを残す