パパイヤベニテングの頑張り



こんにちは。PAPA KUNIです。

今回初めての冬越しに成功したパパイヤベニテングが夏のシーズンに入っても頑張っている。



昨年、種子から育てるチャレンジで発芽に成功していたパパイヤベニテングが冬越しにも成功したのは新しい一歩だった。

冬越し後、屋外に出したところ環境の変化により、葉が落ちるなど少し弱ったような感触を受けていた。

近頃やっと回復してきたのか、環境に順応してきたのか、再び新しい葉を出し始めている。


新しい葉を出しているパパイヤベニテング


近頃新しく生えてきた葉の形は形状としては元気なものと比べると少し後退したような気がするが、更にでてきている新しい葉は、まだ小さいながらもパパイヤらしい形をしている様に見える。

パパイヤは環境の変化、特に温度の変化に敏感な様子で少しの冷気でもすぐに傷んでしまった。

春に屋外に出しても何かしらに敏感に反応したところを見ると、冷気だけではなく、日差しや水などにも敏感であると思うようになった。

元々暖かい地方の植物なので管理は難しいとは思っているが、今回何とか冬を越してくれたので、この夏も何とか生き永らえてほしいと思っている。

小さい鉢で管理しているので株が大きくなることについては期待できないのは分かっているが、株を大きくしないことで環境の変化にも弱いということではやはり管理が少し難しい感じがする。

この夏に少し根が充実してくれれば体力もつくかもしれないと大きく期待をしないながらもダメもとで観察を続けていきたいと思っているところ。







コメントを残す