クレイグオニオンに近づく怪しい玉ねぎ



こんにちは。PAPA KUNIです。

怪しい玉ねぎが刻々と正規のクレイグオニオンに近づいてきている。



今、再注目しているのがクレイグオニオンの行方である。

冬の間に仮植えした大きなプランターを占領しているのでどうなることかと思っていたが、ここへきて玉ねぎらしい風体に磨きがかかってきたので、もうしばらく大きなプランターのまま様子を見てみることにした。

いつの間にか株が倒れてしまっていたので少し起こして土寄せをしてみた。

今のところ膨らみの大きさは普通のスーパーで売っている玉ねぎ程度だが、風体は宣材にあった超巨大なクレイグオニオンに似てきているような気がする。


クレイグオニオンに向け成長を続ける怪しい玉ねぎ


今のところトウが立つような雰囲気もないのでこのまま成長を続けてくれるかもしれないと淡い期待を抱いている。

既に内心はクレイグオニオン認定してもいいという気持ちになっているが、今のところ確信はないので我慢して保留している。

このクレイグオニオンンの種子は昨年種から育てるチャレンジで発芽に成功したもので、成長の過程の様子にどこか引っかかる部分があり、冬の間も放置していたものだ。

ひょろりとした風体からの予測に反し、冬越しに成功した後の快進撃として、怪しいネギから怪しい玉ねぎ、そして、今回晴れてクレイグオニオン認定を受けるべく成長を続けている。

種子が大量に残っているので、もう少しこの株の様子を見てクレイグオニオンということに更なる確信を持てるようになったら、来年に向けて残りの種子を消化したり、里子に出したりししていこうという誇大妄想にとらわれているところ。

まずは何だか奥の深い玉ねぎを一つでも収穫できれば十分よくやったということはよく分かっているつもり。







コメントを残す