どんどん伸びている日本のミント薄荷



こんにちは。PAPA KUNIです。

根と茎の一部だけで冬を越し、春の陽気に誘われるように続々と茎をのばしてきている日本のミント薄荷の勢いが止まらない。



昨シーズンにイチゴを含む寄せ植えのイメージ作りのために適当にその辺にあったものを買ってきて、まったくのおまけで使ったハッカだったが、結局、寄せ植えで生き残ったのはこのハッカだけだったという皮肉っぽい経緯がある。

一時期、イメージ作りの寄せ植え鉢にあったものはすべて完全に枯れてしまっていたように見えていた。しかし、よく見ると薄荷の根と茎の一部の組織が生きているように見えたので冬のうちにその部分を拾い上げ、適当鉢に移植しておいた。

その状態のまま屋外で放置していたにもかかわらず春の暖かい陽気に誘われてすごい勢いで伸びあがってきていた。


勢いが止まらない日本のミント薄荷の株


ハッカ自体は好きなのでどんどん伸びてもらって構わないのだが、経験上ハーブは地植えにすると旺盛な生命力と繁殖力で広がりまくって大変なことになるのでやはり鉢植えくらいがちょうどいいような気がする。

以前、西洋ミントでえらい目にあったので、同じく生命力と繁殖力が旺盛と見受けられるこのハッカもその部分だけは要注意である。

増えてきたものをどう利用するとかそういうことはいつもながら考えているわけではないが、たまに葉を揉んで香りを楽しむことができればいいと小さな妄想を育んでいるところ。







コメントを残す