生き残りのパパイヤベニテングの小さい葉



こんにちは。PAPA KUNIです。

冬の観察で冬越しに成功したパパイヤベニテングの2株は、共に新しい小さい葉を出し始めている。



この冬の観察では、ベニテングとサンライズの2品種で冬越しに挑戦したが、サンライズは残念ながら冬越しに失敗してしまった。

一方、生き残ったパパイヤベニテングの2株は共に小さい新しい葉を出し始めており、早くもこの夏のシーズンに向けてやる気を感じさせている。


パパイヤベニテングの小さい新しい葉


今回新しい葉を出してきている様子を見ると、冬越しをさせるために室内に持ち込んだ際に勢いよく小さい葉を出してきていたのを思い出させる。

室内も持ち込む寸前まで屋外の冷え始めた空気に当たり弱りはじめていたが、室内の環境が合っていた様子で元気よく息を吹き返して小さい葉を出し始めていた。

冬を越した株を細かく見ると若干傷んでいる大きい葉もあるが全体的には元気が良く、新しい葉が出てきたことでまだ成長していくつもりがありそうだと感じている。

冬越しの際には新しい葉が出てきた後に古い葉は順次すべて枯れ落ちていっていたが、今回はまだ大きい葉が落ちる様子は見受けられない。

パパイヤの株は小さいながらもどこか南国情緒を感じさせる風体があり、ただ眺めているだけでも楽しい気分になる。

小さいながらも既にパパイヤらしい形をしているかわいい葉を眺めながら、鉢のサイズを上げたほうが良いのかどうか悩んでいるところ。







コメントを残す