冬越しを生き残ったパパイヤベニテング



こんにちは。PAPA KUNIです。

室内で冬越しにチャレンジしたパパイヤは多くの株を失ってしまったが品種としてはベニテングだけが生き残った。



当初、パパイヤについては冬越しをする予定はなかったが、いくつかの株を室内で冬越しさせることになった。

室内に持ち込んだ品種はサンライズとベニテングで以前沖縄に行ったときにたまたま立ち寄った種苗店で購入した種から育てたものだった。

結果として冬を越すことができたのはベニテングだけだった。


冬を越す事ができたパパイヤベニテング


秋口頃、鉢が小さいのでどの株も元々程々の大きさだったが、ある程度育っていたので冬越しにチャレンジしてみようと思い立った。

冬の観察で冬越しさせるために室内に入れてから昨年末頃までは環境が合っていた様子が見受けられ、比較的順調に生きながらえていたように見えていた。

管理方法は変えていなかったが、年が明けてからどういう訳か急激に葉が落ちる株が出てきた。

特にサンライズは結局すべての株の葉が落ち、枯れていった。正確な現状としては、一株だけ葉が落ちた状態でかろうじて生き残っているが、時間の問題のような感触を持っている。

ところで、パパイヤについてはもともと石垣珊瑚を育てようとメリクロン苗を買ってきていたがその冬の管理が悪く枯れてしまった。これはほぼ間違いなく寒さに当たってしまったからと推測している。

今回は室内に持ち込んで温度と湿度を管理していたが、しばらく目を離した隙にどういうわけか漂ってきた寒い空気に当たってしまったか、もしくは、何らかの理由で根腐れのような状態を引き起こしてしまったのかもしれないというような推測をしている。本当の理由は今のところ分からない。

当面は生き残ったベニテングの観察を続けていこうと思っているが、このあたりの問題を解決できそうならばいつか改めてパパイヤ石垣珊瑚にも再挑戦してみたいという淡い妄想を脳内で繰り広げているところ。







コメントを残す