元仮クレイグオニオン後日談



こんにちは。PAPA KUNIです。

クレイグオニオンから一転して怪しい種に陥落した元仮クレイグオニオンの一部が屋外で冬を越していた。



仮となっているのは前回の観察の時点で相当時間経過しているのにもかかわらずオニオンの風体ではないところから少なくともオニオンではないと一旦結論を出した経緯があるからである。

元というのは今回観察したところどうもネギっぽいという印象を受けたので結局のところ丸いオニオンでなければクレイグオニオンではないだろうという比較的確度の高い推測に基づいている。

つまり、もともとはクレイグオニオンとして種から育てるチャレンジで育て始めたが、途中は希望をもって仮としていた。その後、ついにはその希望も打ち砕かれ元となったということである。そういう意味ではただの怪しいネギといったところかもしれない。


冬を越した元仮クレイグオニオン、もとい、怪しいネギ


夏の観察Season1の最期くらいには既にクレイグオニオンであることへの希望はほぼ失なわれていたがまだ生き残っていたのでそのまま横目で観察を続けていた。

観察を続けていたといっても生き残っていれば観察できるようにお恥ずかしながら屋外に放置してあっただけだ。

夏のSeason1では、他の野菜でもいくつかの居残り組があったが結局寒さが本格的になるにつれ多くは枯れ果ててしまった。その中で弱々しかったこの怪しいネギが生き残っていたので発見した際には少し驚きがあった。

観察の目から離していた間に淡い期待を抱いていたような玉ねぎ化は見せてくれなかったが、冬の間に少し肥えたようで若干太く逞しくなっているように見受けられた。

今のところの風体としては細い中華ネギのような感触を受ける。料理に使うと美味しいかもしれない。

今仮植えしてあるプランターは他に使う当てがあるので夏のSeason2に向けて苗を植え付ける時期になったら他の小さな鉢かプランターに移そうかと思っているところ。







コメントを残す