再び花盛りのドワーフトマト



こんにちは。PAPA KUNIです。

近頃順次実をつけてきていたドワーフトマトが再び花盛りを迎え始めている。



ドワーフトマトの実は次第に小さい膨らみを見せてきてくれているが、並行して花芽が再び萌芽し始め花が咲き始めている。

この冬の観察の時期に度々花盛りの時期が来てしまいなんだか嬉しい。

花は相変わらず小さいが形はちゃんとトマトの花の形をしている。すべての株が次の花をつけているわけではないが今花芽をつけ始めている株は前回より少し花芽の数が多いような気もする。


再び花盛りのドワーフトマト


日中日光に当てるために窓際に置いてあるので窓越しに伝わってくる近頃の寒波の寒い空気も浴びただろうと思う。

ここへきて急に花が増えてきたということはそういう温度の変化などの微妙な気候の変化を敏感に感じ取っているのかもしれない。

人間でもだんだんどこかから春が迫っているのを感じるのでそういうことも何か関係あるのかもしれない。空気を読める植物。どうだろう。

最近実が生っている株を盛大に倒してしまった事件がありいくつか実がポロリと取れてしまったがまだいくつも残っているので、残っている実はある程度熟すまでそのまま株につけておきたいと思っている。

今咲いている花に実がつくのを楽しみにしながらそっと観察を続けようと思う。







コメントを残す