早速反り返る逆さトマト



こんにちは。PAPA KUNIです。

空中栽培用の逆さトマト試作品第一号は、吊るしてから一日で既に株の先端を反り返らせてきている。



逆さトマトとは文字通り株を天地逆さまで育てる空中栽培の方法である。

何とか生き残っていた少し弱り気味の株だったが、窓辺に逆さにして吊るしてからほんの翌日には株の先端を日光に向け反り返りを見せていた。


反り返る逆さトマトの株の先端


弱り気味の株とは言え、やはりトマトは生命力が強いと感じさせる。

この株はドワーフトマトではない普通のプチトマトの株で他のドワーフトマトとは違いまだ花芽をつける段階には至っていなかった。

少し弱ってはいたが、何とか生き残ってきてくれていた株だし、まだ葉を伸ばそうとしている様子があったので思い切って逆さトマトに仕立ててみようと急遽思い立ったのが経緯である。

その辺にあった余った資材で見よう見まねで簡易に作った仕組みなので株の天地が逆さなところ以外は仕組みの詳細が正しいかどうかはよく分からない部分もあるが、出来上がったものはぱっと見では逆さトマトの風体に見える。

この冬の観察の間に逆さ栽培による空中栽培について少しでも感触が掴めたならば、夏のシーズンにはトマトだけでなく他の植物の逆さ栽培に挑戦することや鉢の上部の土のスペースで通常と同じような植物の育成ができるなどいろいろと楽しいのではないかと余計な妄想をどんどんと膨らませているところ。

完全室内栽培と同様に逆さ栽培は多くの可能性を秘めているような気がする。

現実的には少なくとも逆さトマト試作品第一号が何かしらのヒントを得る前に枯れないように様子を見守りたいと思っている。







コメントを残す