パパイヤはやはり暖かい地域が好き



こんにちは。PAPA KUNIです。

屋外のパパイヤは風から守られる囲いの中に入れてあったにもかかわらず残念ながら力尽きた様子だった。



秋口の気温の低下で既に株は弱っていたが囲いで風や急激な気温の低下から守られていてもやはり生育環境には及ばなかったようだった。

風にさらされていたよりは長持ちをしてくれたと思うがやはり気温の低下に耐えられなかったのだと思う。


頑張ったが力尽きた屋外のパパイヤベニテング


屋外での冬越しが難しいことは当初から予測していたことなので、囲いの中ならば少し長い時間耐えられることが感覚的に分かっただけでも十分な収穫だったと思う。温室の温度の管理さえできればもっと長く生きながらえさせることができるという感触も得ることができた。

室内に持ち込んだ株は新しい葉を出すほどに元気を取り戻している。寒さに当たった際の傷んだ古い葉は順次落ち、葉の新旧交代が進んでいる。

少しづつ植物の声を聴き、少しづつ管理がうまくなっていけばよいと漠然と思う。

人生にはいろいろと制約がつきものだが、できる時にできる範囲でできるところまでやるしかできることはない。







コメントを残す