小さいながらも南国情緒を漂わせるパパイヤベニテング



こんにちは。PAPA KUNIです。

冬の観察用に室内に取り込んでいるパパイヤの株からなんだか南国情緒が漂っているように感じる。



秋口の屋外では寒さに当たり弱りはじめていたが、その時点である程度パパイヤらしい風体になってきていたことから屋内に持ち込み冬越しに挑戦することになった。

パパイヤは室内の環境が合っていたらしく元気を取り戻した様子で新しい葉を次々と出してきた。

新しい葉が生えてくるのに併せ、古い葉は順次落ちていった。

鉢がとても小さいので株も小さいままだがその風体は部屋に南国の雰囲気を運んできてくれている。


小さいながら南国の雰囲気を感じるパパイヤベニテング


室内で生き残っている株はパパイヤベニテングとパパイヤサンライズの2種であるがこの時点ではどちらかというとパパイヤベニテングの方が健康の状態はいいような気がする。

パパイヤサンライズは新しい葉が出てきてはいるもののある程度大きくなった葉は未だに少し様子がおかしい。

大きな鉢で育てていけばいずれは実をつけるかもしれないと妄想は限りなく膨らむが、そんなことはまだまだ遠い夢物語で、現実的には生きてこの冬を越せるかどうかがこの冬の観察の一つのポイントとなっている。

このまま室温を適切に管理できれば種を絶えさせることなく春を迎えることができるかもしれないが一瞬寒さに当たっただけですぐに弱り切ってしまうこともあるのでなかなか気が抜けない。

取り敢えず毎日顔色を伺いながら様子を見ていきたいと思う。







コメントを残す