ワサビ改め(仮)からし菜の発芽



こんにちは。PAPA KUNIです。

ワサビと名乗る怪しい種子の発芽にチャレンジしてみたところあっけなく発芽してかわいい双葉をのぞかせてきた。



事前のインターネットの画像検索だけではワサビとは違うということだけが大よそ分かっただけで品種の特定まではなかなか難しかったので、早速、発芽の段階に進むことにした。

吸水作業の間から既に発根の様子が見られたのでそのままピートパレットに移植したところすぐに発芽してきた。

元気のいい種子だ。

種子から発芽してきた双葉はハート形の葉を持っており、これもインターネットの画像で見たワサビの双葉とは違ったのでワサビではないという結論は一つ出た。

今考えると疲れた頭で考えた稚拙な発想だったが、もしかすると同じような名前のワサビ菜かと名前から単純に連想し検索してみると双葉の様子は似ていた。しかし、ワサビ菜の種子の画像を検索してみると色が黒い。種子の形状の系統は似ているように思えるが白と黒というくらい明らかに色が違った。

そこで葉もののようなもので似た名前ということで当てずっぽうに思いついたワサビ菜に名前が似ているからし菜の種子を検索したところ同じような白い種子とかわいいハート型の双葉の画像が現れた。

本葉が出ないと何とも言えないがとりあえず(仮)からし菜ということで話を進めていこうと思える似方だった。


ハート形のかわいい双葉のワサビかどうか怪しい種子改め(仮)からし菜の種子


からし菜はマスタードの事のようだ。全く本質を得ていない連想ゲームだったが結果としてはいい方向性となった感じ。

山葵もワサビ菜もからし菜も同じアブラナ科の植物ということで、どこかで取り違えられたか、はたまた故意に取り違えたかは分からないが、大よその当りがついたので少し心の動揺は少なくて済んだ。

それにしてもからし菜ということは日本では雑草の類ではないのだろうかと思うがどうだろう。故意に入れ違えられたならばなんだかその辺は少しだけ心にわだかまりが残りそうな気もするが、深く追及しても意味がないということにしているのでこのくらいにしておこうと思う。

いままであまり葉物を育てることはなかったが、せっかく発芽したので、葉ものの世界に足を踏み入れるという意味とより確証を持つという意味も込めてできるだけ育ててみようと思っている。種子を取ってマスタードを作るならば葉ものということでもないかもしれないがさすがにそこまではすることは今のところ考えていない。

当面は(仮)からし菜として枯れないように観察を続けていこうと思う。







コメントを残す