混雑したトマトの株を分ける



こんにちは。PAPA KUNIです。

ピートパレットに適当にパラパラと播いていたものが元気よく発芽し、小さいピートパレットの上で少々混雑してきていたので少し時期尚早だが株を分けることにした。



根の取り扱いに注意が必要な野菜などではさすがに間引きとなるだろうが、トマトは元来丈夫な植物なので株分けでも大丈夫だろうと思い立った。

根を気づ付けないように土を丁寧に崩し、あらかじめ用意しておいたポリポットに移し替えた。

用意した鉢の中身はいつもどおり汎用として使っているレシピのほぼ同じもので土は鉢底に赤玉土を敷き残りの部分は普通の培養土を使った。


植え替えられたトマトの幼苗

植え替え直後は少しぐったりとした株もあったが、暫くすれば落ち着くと思うのでその後の冬の観察では様子を見ながら乾燥気味に管理し、肥料は主に液肥を使っていこうと思っている。

光源についてはいまだに悩んでいるところだが株の数が確保できそうならばLEDの環境と併せて日光の環境でも育てておきたいと漠然と考えている。

もちろんスペースとの兼ね合いもある。

などと、楽しい妄想ばかりが膨らむ一時であった。





コメントを残す