室内で息を吹き返してきたパパイヤ



こんにちは。PAPA KUNIです。

室内に移動して落ち着いてきたパパイヤの株から新しい葉が続々と生えてきた。



外の寒さに少し当たってしまっただけで葉が傷んで枯れそうな雰囲気を醸し出していたパパイヤから新しい小さい葉がいくつも生えてきているところを見つけた。

室内の何らかの環境が合っていたのだと思うが今のところ室温以外思い当たる節がない。


パパイヤベニテングの新しい葉

今回室内に観察用に持ち込んだ2つの株のタグを見てみるとどちらもパパイヤベニテングだった。

この夏はベニテングの他にサンライズも発芽にチャレンジしたのでサンライズはすべて屋外に置き去りになっているに違いない。

まだ確認していないが、もしサンライズの株が何とか生きながらえているならば室内に取り込んでみようかと思い始めている。

昨年パパイヤの室内での冬越しに失敗しているので自信がなくなっていたがこの新しい葉を見たらもしかすると今回は行けるかもしれないと淡い期待を抱くようになってきた。

前回の冬越しは室内とはいえ、玄関に置いておいたもので冬のある寒い日を境に一斉に枯れる方向になってしまった。

今回は寒さに当たらないような室内の場所でぬくぬくと過ごしてもらえればいいのではないかと思っている。





コメントを残す