クリオオアブラムシの観察に見るオルトランの効果



こんにちは。PAPA KUNIです。

野菜の周りに生えている木につき食害を起こしていたクリオオアブラムシ対策を考えたのをきっかけにオルトランを使用した。



今年は環境が変わったせいか見慣れない虫やウィルスの害が多かった。

ある程度の食害や病気はすぐに虫を落としたり葉や枝を切り落とすなどの対応をすれば当面は改善されるが原因が根深いと再発を繰り返すこともある。

また場合により木酢液や牛乳などの散布も一時的には効く時があるがもともと長続きしない上に雨が降ると効果は直ぐにゼロに戻ってしまう。

アブラムシ、グンバイムシ、不明なウィルスそしてクリオオアブラムシなど環境が悪いとそういうものの生産工場になってしまう可能性があり心配だ。

そこで被害にあっていた木や葉を強剪定するとともについでに丸裸になるくらいにカットすることで風通しを良くした。

それでもクリオオアブラムシは新芽に戻ってきてしまっていたので使い勝手の良さそうなオルトランを使用することにした。


オルトランを使って数日経った新芽の様子

やはり薬剤は効果があるのが目でわかる。

たくさんのクリオオアブラムシとアリが群がっていた木の新芽は何もなかったようにきれいさっぱりしている。

オルトランは特用の大きな袋を買い野菜を育てているところ以外の撒けるところにはすべて撒いておいたので風通しが良くなった事も相まってしばらくは環境を保てると思う。

今回はオルトラン様々ということで心の安心を買ったのであった。




コメントを残す