巨大デリシャストマトの実物を確認



こんにちは。PAPA KUNIです。

観察用プランターよりよくできている様子だった巨大デリシャストマトの実物の状況を確認してきた。



大きさは聞いていた通り大人のこぶしくらいの大きさだった。

いくつかの株で結実していた。


完熟間近の巨大デリシャストマトの果実

結実して日の浅いものは宣材写真にあるような形をしていたが水を吸って大きく育つと波打っていた表面はほぼ平らになっていた様子だった。

台風の影響で雨が大量に降った直後だったので比較的熟している実については実割れの可能性があると思い収穫することになった。

緑色でもある程度の大きさになっているものならば収穫して室内で追熟できるがそこまではせずに木での完熟を待つことになった。

やはり地植えになっていたので実も大きくなることができたような気がする。

ただ尻ぐされをしている実も散見されたので大きくなる種類の果実については追肥が重要であることを再認識した。

あまり手をかけずにこれだけできるということは育成の開始時期を適正にすると共にもう少し追肥などに気を遣えば宣材写真にあったような立派な巨大トマトを見ることができるのではないかと思えるくらいの出来栄えだった。

いい機会なので少し精進して技術を一歩進めることにしようと漠然と思っている。




コメントを残す