巨大デリシャストマト続報



こんにちは。PAPA KUNIです。

観察用に残している巨大デリシャストマトの株はその後依然として変化はないが家族に譲った株で最近実が熟した様子だった。



初夏の頃に大量にできてしまった野菜の苗を家族に分けた。

自分で観察していた株からは実が大きく育つことはなく結局小玉程度の大きさで一旦本観察を終了した。

引き続き一部の株を残し、枝などを整理して横目で観察を続けているが少し疑心暗鬼になり品種などを心のどこかで疑っている部分もあった。

しかし今回の結実の様子を聞くとそれほど間違った品種でもなかったのかもしれないと思うようになった。

大きさは男の大人のこぶし大でコップより大きいくらいの大きさということで味は大変美味しかったということだった。


家族の巨大デリシャストマトの実

まだ続々と実っているということなので私自身が育て方を間違ったのかもしれないと思わせられる部分があった。

トマトは比較的育てるのが簡単で今までそんなに失敗したことはないので今回の他の野菜も含めて実が全然ならなかったことについては自信を少し失いつつある。

次回から気を付ける点もいくつか思いついているのでこの機会に少し技術力を上げて挽回しようと漠然と思っているところだ。

写真とは言えひとまずは観察記の終着点である巨大デリシャストマトが見れて良かったと思う。

何も言わずに大事に育ててくれた家族に感謝するとともにまだまだ敵わないなとひっそりと心の中で思った出来事であった。





コメントを残す