まだネギっぽいクレイグオニオン



こんにちは。PAPA KUNIです。

ゆっくりと成長をしているクレイグオニオンだが、未だネギのような風体だ。



クレイグオニオンについては、今年はホーム玉ねぎくらいの大きさまで成長してくれればいいと淡い期待をしている。

始めのひょろ長い様子に比べると大分ネギっぽい太さの株になってきたが、まだ玉ねぎらしいぷっくらとした部分は見当たらない。


まだネギっぽいクレイグオニオン

玉ねぎ部分が10円玉くらいの大きさにはなってほしいと思っているが、まだ寸胴のままである。

もし、ホーム玉ねぎとして使えそうなくらいになってくれたら、一度引き上げて、来年の春~初夏に収穫できるようにできればいいと漠然と思っている。

今回試しで育てているクレイグオニオンが難しそうならば次は品種を変えてひとまずホーム玉ねぎから挑戦してみるのもいいかと漠然と思っている。

もともと、クレイグオニオンを育てる予定ではなく他の品種を考えていたがたまたま手に入った種子がクレイグオニオンだったという経緯がある。

玉ねぎを育てること自体も始めての経験なので、勝手が全然わからなかったが、今回クレイグオニオンを育てる経緯で勉強したので少し勘所がつかめてきたような気がする。

説明書を読まずに始めてみてやりながら勉強して確実性を高めていくようなスタイルだが、それはそれで紆余曲折があり楽しい。到達点が曖昧なところも妄想がはかどり気が楽だ。

何でも楽しんでやることはいいことだと思う。

引き続き観察を続けたいと思う。





コメントを残す