あれよあれよという間に成長するひまわりタイタン



こんにちは。PAPA KUNIです。

雄蕊らしき部分が渦巻き状に開きつつあったひまわりタイタンの花があっという間にすべての雄蕊らしき部分が成長してきた。



ひまわりはあまり事細かに観察したことはなかったが、ひまわりタイタンの花については、花びらも含め開きながら成長する様子が見て取れた。

また、前回おしべと思しき部分が螺旋状に成長しつつあったところを見ることができたが、今回はすでにすべてのおしべと思しき部分が開いたところであった。


雄蕊が開ききったひまわりタイタンの花

花びらも少し大きくなったような気がする。

近くを蜂や蝶が飛んでいるので受粉もしてくるのではないかと思いながら観察をしている。

一番放っておいた花が特色ある大きさではないにせよ一番きれいに咲いてくれた。

観察用や予備用のものは管理が悪くグンバイムシによって全滅してしまった。

今年は虫の被害も多く、残念な結果となってしまったものばかりだったので、次回は少し対策を打っていこうと今から試行錯誤をしている。

地域が変わるとちょっとした気候の変化や虫や菌などの環境の変化があり、思わぬ対策が必要になることがあることを感じさせる出来事が多かったような気がする。

いずれにせよ、気持ちを切り替えて次のプロジェクトに向かっていきたいと思う。

相変わらず牛の歩みだが、一歩でも半歩でも進めば、止まっているよりはゴールに近づくと思いながら妄想を膨らませようと思う。





コメントを残す