渦巻き状に成長するひまわりタイタンの花



こんにちは。PAPA KUNIです。

観察用プランターのひまわりタイタンは全滅してしまったが、適当にその辺に植えておいた株が一つだけ元気に花を咲かせているのを発見した。



1メートル超ほどの背の高さの小さな株で宣材写真ほどの大きさの花ではないが、観察に耐えられる程々の大きさの花を咲かせてくれている。

よく見ると将来種ができる部分から雄蕊と思しき部分が渦巻き状に開きながら成長しているのが分かる。


力強い雰囲気のひまわりタイタンの小さい花

種になると思われる部分もすでに形作られており、嬉しい気持ちになる。

花びらも完成してから花開くのではなく、開いてからも徐々に成長している様子がうかがえる。

本来は大きくなる種類のひまわりなので成長の過程も大きさに耐えられるように工夫されているのかもしれない。

十分にポテンシャルを引き出してあげれなかったことについては悔やまれるが、少し様子が分かったので次の機会にはもう少しうまく育ててあげられると思う。

今年はどうも全体的に見ると平均点は低かったが、学ぶことも多かったので、それはそれでよしとしておこうと思う。





コメントを残す