ジャイアントパプリカの結実



こんにちは。PAPA KUNIです。

ジャイアントパプリカが花盛りを迎えているが、中に結実を始めたものがあった。



結実している様子を見ると細長い形状で、小さな唐辛子のように見える。

ジャイアントという名がついているので、この形のまま大きくなるのかもしれない。


細長い実のジャイアントパプリカ

花は比較的先端部分につき、花自体は下を向いているような角度で咲いていた。

結実したものは実が上に向いている。

このまましし唐やオクラのように上を向いたまま大きくなるのか、重さで垂れ下がってくるのかは今のところ分からない。

観察用プランターの全体の様子を見てみると、既にいくつか結実している様子がうかがえる。

まだたくさん花が咲いている最中で、開いていない花芽もあるので、多少の期待感を持って見ているところだ。

やはり、暑い地方の植物なので、暑い日が続いたときに大きく成長したように見えた。

近頃急に気温が下がってきたので少し心配もあるが、すでに結実を迎えているので、愕然と寒くなる前には成熟を迎えることができるのではないかと思っている。

引き続き観察を続けたいと思う。




コメントを残す