ポリポットのひまわりタイタンの開花前



こんにちは。PAPA KUNIです。

ポリポットのまま放置されていたひまわりタイタンが開花の時期を迎えた様子だ。



少し前に背の成長が止まり、花芽が大きくなってきていた。

花芽の中を覗くと、種子となると思しき粒粒ができてきていた。


色づくひまわりタイタンの花

そして、中途半端な様子ではあるが、花びらが黄色く色づいてきたのが分かる。

花弁はバランスよく成長しているわけではないのが気になるが、何とか花の体裁は整えられている様子が伺える。

花のために追肥などをしているわけではないので、小さい花で終わってしまう可能性もあるが、ひまわりとして今年初めの花が咲くということについては嬉しい気持ちがある。

観察用プランターにあるものは、背の成長が止まってから大きな動きはなくじっくりと育っていると楽観しているが、カメムシ的なものに芽を少し齧られているので、花芽をかじられてはいないかと少し心配している。

いずれにせよ様子を観察していきたいと思う。





コメントを残す