ネギっぽくなってきたクレイグオニオン



こんにちは。PAPA KUNIです。

クレイグオニオンはのんびりと成長している。

近頃、やっと小さい長ネギのような雰囲気になってきた。



玉ねぎのことをよく調べないまま種を撒いたのも失敗だったが、状況を鑑みながら方針を変更し、なんとかホーム玉ねぎくらいにはなってほしいと思っているところだ。

クレイグオニオンはもともと種の数が少なかった上に、途中で勝手が分からず育成を失敗してしまった株もあるので今育ってくれている株は貴重なものだ。


ネギっぽくなってきたクレイグオニオン

クレイグオニオンは競技用でも活躍するような巨大にすることができる種類であることに興味を持った。

本当は他の種類の巨大玉ねぎにしようと思っていたのだが、たまたま手に入ったのがこの品種だった。

玉ねぎは初めてなのにいきなり難しい品種に挑戦してしまった可能性もあるが、何とか生き延びさせることができれば次に繋げることができるかもしれないという思いがある。

今までの失敗から学んだこともあり、クレイグオニオンの株はとてもデリケートだということが分かったので頻繁に様子を見るようにしている。

様子を見ながら、ホーム玉ねぎとして使用するか、そのまま最後まで育てるか見極めていきたいと思う。





コメントを残す