ツリートマトの尻ぐされと原因



こんにちは。PAPA KUNIです。

ツリートマトの実がだんだん大きくなってきているが、早めに大きくなり始めていた実が尻ぐされしているのを発見したのですぐに摘み取った。



トマトの尻ぐされの根本的な原因はカルシウム不足で、単なるカルシウム不足、窒素過多によるカルシウム吸収不足、過度の乾燥が原因となる様子だ。

巨大デリシャストマトも初めに大きくなってきていた実が尻ぐされになっていたので摘み取ったが、その後の実は尻ぐされになっているのはほとんどない。巨大デリシャストマトはそれ以外にも虫の食害にあって一度全滅してしまったが、その後若干の復活を見せている。


尻腐れになっているツリートマトの実

ツリートマトも巨大デリシャストマトも観察用プランターや避難用プランターの空いたスペースに追加で放置されていた苗を植えておいたので時期をずらして収穫に向けて成長してくれればと思っているところ。

トマトは比較的育てやすい野菜なのであまり困難に見舞われることはない。今年は播種の時期が遅かったことや酷い暑さがあり、酷い乾燥や何らかが原因のカルシウム不足により障害が発生してしまっているような気がする。

ただ、何とか生き延びて成長してきてくれており、今のところ障害のない果実もあるので、このまま観察を続けながら収穫の時を心待ちにしたいと思う。





コメントを残す